設立沿革
 環境の因子
 園区現状
 園区設施
 未來希望
 沿革を設立します 
一、清末の時期、渓頭のもとは「渓流の源」の山林小村です。
二、日本時代によって日本東京大学の農学部に選ばれて付属演習林になられて、そして夏休みに学生を派遣し、研究を実習しにきま
  す。
三、そして夏休みに学生を派遣し研究を実習しにきます。
四、有鑑於自然教育之重要,並為推廣戶外教學與環境教育,現已更名為溪頭自然教育園區

 環境の因子
一、 地形
渓頭森林の遊覧区は3面山谷地形で、、最高海抜は南側の嶺頭山2,025mであり,それは北へ延びて鳳凰の山脈になって、東の界山のうねを構成して、西へ転じて北へそしてに延びて内木と山脈になって、南、西の両側の山稜の境界線を構成して、渓谷は流れて2山脈の間をつけて、北のから出口として。主要な範囲の海抜は800~2,000m間であり。
二、 地質
厚い砂岩は高く鳳凰山を構成して、渓頭の東の方の障壁であり。 鳳凰山の絶壁の上厚い砂岩、垂直の割れ目に富んで、絶壁の上で大きい石の墜落する必要条件であり。この岩性の単調な泥質砂岩は5百万年前の浅海の沈殿物である、今ころここに海面まで1千数百メートルの高い山地があります。世の移り変わりが激しいのはここであり。
三、 天気
渓頭の天気観測資料によって、渓頭は月の温度変動範囲は11.0~20.8℃にになって、年平均温度は16.6℃です;平均の年降雨量は2,635.18のmm。(Thornthwaite)の気候の分類によって、AB'ra'型に属して、つまり温暖と湿気が多い気候型、年間水が不足することがなくて、有効温度は夏季に集中しないで、国民の)避暑地域に適します。


 園区現状
1. 当校森林学部は各学部、大学院に関する、教師と学生の各訓練、教育の実習、参観など、十分に教育の機能を発揮します。
2. 国民の自然生態の保育する普及を目標にして「自然教育」は渓頭の森林遊覧区の主要な経営目的の1つです。
3. 渓頭苗木畑は丈夫な苗木を育成して、緑化と生態造林の必要とすることを提供できる。
4. 休日に森林の生態自然展示センターは観光客に生態の映画を見学することを提供します。
5. 渓頭はレストランと宿泊施設など便利なサービスを提供します。
6. キャンプ区は2003年5月5日の再営業によって;客に焼肉キャンプファイア、キャンプ施設を提供する。
7. 観光客サービスセンターを提供
a. 生態解説の予約;観光客に生態環境に対して理解すること、国民を森林の愛護と自然資源保護の観念を強化します。
b. 哺乳室と育嬰室の設置。
c. プレゼン室、会議室を提供します。
d. 室内に休みの椅子、区内重要な植物の写真の図説、化石の実物を展示しますおよび説明。
e. 相談サービスおよび医療施設の設置。
f. 渓頭パンフレドの提供:植物、動物、花卉、昆虫…無料で請求することをできる;教育の普及のに使うように提供する。
8. 渓頭の森林遊覧区レストランと旅館部は93年4月1日に正式に太平洋立徳事業株式有限会社に経営することを頼みます。


 センター施設 
一、 レジャー施設
電動車について
電動車
簡単な紹介 センターに入園し、ガイド案内にしたがって見学活動ができる
特色 お体が不自由な方、お年寄り、妊娠中の方、または特殊な病気などをもつお子様に優先してご使用いただく。
地理的位置 渓頭自然教育センター内
開放時間 午前8時から午後5時まで。センターの開放時間に準ずる。

専用電動車使用及び管理要点
使用及び管理要点
一、 目的:
行動がご不自由である高齢者、女性、子ども及び、身体障害をもつ方に提供することとする。
二、 提供対象者:
1. 障害をもち行動がご不自由な方。
2. お年寄り或いは重大疾病をおもちの方。
3. 妊婦或いは特殊な病気等をもつお子様。
4. 一般のお客様で、上記3項目のいずれにも当てはまらない方は、申請をして許可を得てからの使用となる。
三、 午前8時から午後5時まで。センターの開放時間に準ずる。
四、 申し込み方法及び使用料:
1. 専用電動車サービスは予約制で提供しています。予約のお申し込みは7日前までにガイド案内専用電動車遊園申し込み書を記入し、渓頭営林区事務所にFAXください。FAX番号:049-2612042。 予約のお申し込みの際、上記二、1.2.3に該当する提供対象者であるかを審査させていただき、優先しますので、その証明書をご添付ください。
2. 当日ご予約の方、必要な方がいない場合には、一般のお客様にも開放しますので、お申し出ください。
3. ガイド案内及び車両清潔、維持費:電動車1台につき1000元/1時間。身体障害手帳をお持ちの方の使用を優先させていただいます。
4. 電動車での遊園はサービス園区内のガイド案内サービスと合わせての提供となります。
五、 見学コース:
1. 事務所から大学池林道を経て大学池まで(見学休憩時間も含め、往復約1時間)。
2. 事務所から大学池林道を経て大学池、森林探索区、大学土石流生態学習区まで(見学休憩時間も含め、往復約2時間)。
3. 事務所から大学池林道を経て竹 、空中回廊まで(見学休憩時間も含め、往復約1時間)。
4. 事務所から大学池林道を経て竹 、空中回廊、神木、いちょう林、植物進化探索区まで(見学休憩時間も含め、往復約2時間)。
5. 事務所から神木林道を経て植物進化探索区、いちょう林まで(見学休憩時間も含め、往復約1時間)。
6. 事務所から大学池林道を経て大学池、森林探索区、土石流生態学習区まで、帰りは神木林道、空中回廊、神木、いちょう林、植物進化探索区(見学休憩時間も含め、往復約3時間)。
六、 電動車使用の注意事項:
1. 車両運転手は原則として、渓頭営林区のセンター員及び車両運転訓練合格済みの代役軍人とします。必要な時にはボランティア係が付き添い、お手伝いします。
2. 運転前にまず安全対策、注意事項を確認しますが、事故防止のため、走行中、お客様が飛び跳ねることは厳禁とします。下車の際は、車が完全に止まってから降りるようにお願いします。
3. 乗客の皆さまは運転に関する説明の各安全規定、注意項目を必ずお守りください。
4. 電動車乗車中の飲食は禁止となっています。
5. 走行見学中、お体の調子、ご気分が悪くなった際には、どうぞすぐに運転手にお申し出ください。渓頭営林区事務室が救護します。
6. 電動車に定員人数を超過してのご乗車、危険物の持ち込みは厳禁とします。
7. 運転手以外の方が運転操作、或いは車両に修理などの手を加えることは厳禁とします。
8. 走行見学中、車両の故障、或いは事故が発生した場合は、運転手の指示に従って対処してください。
9. もし緊急事態等が発生して対処できないような場合は、速やかに渓頭営林区事務室049-2612210ご連絡ください。
二、 商店施設
写真 内容紹介
特産商店部
簡単な紹介 中華レストラン区につきましては、既に太平洋立徳旅館に経営委託している
特色 凍頂ウーロン茶、梅漬け、各種書籍(竹類、鳥類、渓頭でよく見られる植物等)、特産品、商品、お飲み物など、専門に取り揃えている。
地理的位置 渓頭
開放時間 月~金曜日午前9時から午後5時まで  土、日曜日午前9時から午後9時まで
大学池販売部
簡単な紹介 いろいろな商品を販売しています!!
特色 凍頂ウーロン茶、梅漬け、各種書籍(竹類、鳥類、渓頭でよく見られる植物等)、特産品、商品、お飲み物など、専門に取り揃えている
地理的位置 大学池
開放時間 月~金曜日午前9時から午後5時まで  土、日曜日午前9時から午後9時まで
大学池-「軽 魔法ハーブカフェ」
簡単な紹介 くつろぎのひと時、リラックスできる喫茶店ですよ!!
特色 香り高いコーヒー、おいしいデザート、くつろぎの場所を提供します。
地理的位置 大学池
開放時間 月~金曜日午前9時から午後5時まで  土、日曜日午前9時から午後9時まで

三、 設施に関する
お客様サービスセンター   サービスセンター会議場設備レンタル使用についてのお問い合わせは、渓頭営林区李雅恵:049-261210まで
階別 会場名 最大収容人数 会議場レンタル使用/時間帯/料金 備註
8:30-12:00 13:30-17:00 18:30-21:30
お客様サービスセンター
二階
 会議室 40人 2,000 2,000 2,000 一日5,000元
 講義室 60人 4,000 4,000 4,000 一日10,000元

サービスセンター会場レンタルの注意事項
注意事項の各項
一、 レンタル制限:
1. 60人以下の学術的会議或いは講義講習。
2. 当所の同意を得られる正当な集会或いはイベント活動。
二、 上記の料金には会場及び給湯が含まれている。講義室の視聴覚機器設備を使用希望の場合は、使用料が一時間帯ごとに1,000元、一日2,000元となります
三、 本校関係機関の方は3割引の優待料金となります。
四、 会場レンタル使用のお申し込みにあたっては、まずご予約金としてレンタル料金の半額をいただきます。残りの料金の半額についてはご使用の活動が終わる前まで必ずお支払いください。
五、 当センターの特別なやむをえぬ事情で万一会場レンタル使用ができなくなった場合は、5日前までにレンタルお申し込みの方にご通知し、お納めいただいた料金は無利息で全額お返しします。異議、賠償請求申し立てには応じかねますので、ご了承ください
六、 レンタルご予約の方が何かの事情等でキャンセルされる場合は、予定使用日の5日前までに事務所に申し出ください。既にお納めいただいた料金は返金できませんので、ご了承ください。但し、自然災害、或いは不可抗力の理由である場合には、これに限りません。
七、 当会議場の各設備について、ご使用の方が当事務所の許可を得ず、壇の移動や私用に仮設することはできません。また、公共物を大切に扱っていただくようにお願いいたします。万一破損があった場合には、損害賠償責任を負っていただくことになります。
八、 レンタル使用の方が、実際の使用事実とお申し込み時の内容が異なっている場合或いは政府が定める法令に違反している場合は、当センターはご使用を中止していただき、並びに法に従って処理する権利をもちます。
九、 当所渓頭自然教育センターお客様サービスセンターは以上の項目に基づき、会議場レンタル使用の事務処理、管理をすることとします。

立徳渓頭ホテル会議施設  http://www.leaderhotel.com/Xitou/meet.html
四、 步道システム
写真 步道名稱 材質
大學池 木屑步道木屑棧道
大學池步道 洗石子、吊橋
沿溪步道 花崗石石板
神木步道 石板、コングリ
幽靜步道 碎石
觀景步道 洗石子、木屑
森林浴步道 泥、石板、花崗石
銀杏林步道 花崗石、洗石子
鳥鑑賞步道 花崗石、石板、吊橋
登山步道 花崗石、石板
巨石步道 石板
南嶺線步道 花崗石、石板
堤頂步道 石板


 未來希望
01. 新しく道路標識を設置、環境認識についての解説札による観光客を理解する。
02. 高品質に娯楽と休息をとる環境を提供して、国内の少数の最も人気がある自然教育園区になる。
03. 便宜の教育、実習、試験、研究の仕事、学術の地位を高めます。
04. 収入を増やす、財政改善方法を設ける。
05. 繁栄地方の経済、村人の所得と就職の機会を高める。
06. 林地の収益を高める。
07. 森林に危害することを減らす。
08.

渓頭地区は季節に変化する特色である、毎月あるいは季ごとに代表性のテーマの資源を、特別な広告で推薦する、例えば桜見、夜間にホタルを観察、夏に夜カエルをじっと聞くこと、イチョウ、四方竹など、風物が全体の生態をして計画を解説しておよび人の波を引きつけることができる。

09.

渓頭の自然園区は自然資源は主体の生態の旅行で、適切に付近の地区の茶と竹芸などの農業する産業が観光にする。行の形態の多様性で、もっと多い観光客に来るように引きつけることができます。

10.

渓頭は自然な野外の教室です;人々自然に向って学ぶ対象と最優秀場所、渓頭の森林は兼ねて森林の教育、木材生産、国土を守ること森林は娯楽と休息をとります多種の機能。

11. 気象の観測所の設置、精確気象の資料を提供。
 
  南投縣鹿谷鄉森林巷9号(臺大實驗林溪頭營林区) COPYRIGHT©2008 溪頭自然教育園区 所有権持ち
電話:(049)261-2111 Email: exfoplanning@ntu.edu.tw  DESIGNED BY
國立台湾大学 生物資源暨農學院実験林管理センター